部品と修理

ユニットバス

昔は風呂給湯器の部品というと、1万円程度が一番高い部品でした。しかし、修理を行うときに、電気基板が入るようになってから、その料金は値上がりするようになったのです。これは、電気基板、つまりコンピュータが入ることによって、動きや温度設定、追い炊きなどが希望通りに繊細な動きで行われるようになったからといわれています。実際に過去の給湯器と現在の給湯器では、できることがほぼまったく別物といっていいほどとなっているのです。修理を行うときにも、電気基板などが入ってくることによって、価格が6万円程度が平均となっていることもあります。故障したときにどんな状態かによって、担当者はある程度の概略の料金がわかる人もいるのです。

修理費用としては、現在のほうがコンピュータが内蔵しているので高めに設定されていますが、昔よりもかなり質の高い機能が充実しているので、高めといわれているのです。納得できる工事を行うというところも多いのですが、一見するとガスや石油などを使った給湯器の場合には電気工事が必要ではないように思われつつ、実際には増えたりした理由として、コンピュータが内蔵されているからといわれています。様々な工事がありますが、昔よりも修理個所なども増えてきており、繊細な部品交換や掃除が必要となることも珍しくありません。そのため、昔の給湯器よりも部品の数が増えていることが、現在との違いといわれているのです。歴史的な部分で進化を遂げていることがわかります。