給湯器を修正している男性
広いキッチン

ガス給湯器の活用

ガス給湯器は、単にお湯を提供してくれるだけではありません。寒さが厳しい土地では暖房としての機能も発揮してくれます。ガス給湯器を利用した床暖房なども、よく使われているのです。

この記事の続きを読む

青いキッチン

保証期間とは

給湯器の利用を考えているのであれば、購入の際は保証期間が長い機器を選ぶと良いです。何故なら毎日利用するのでありますので、もしかすると予想もしない場面で不調になるかもしれません。もしもの時の為に保証で備えるのです。

この記事の続きを読む

シャワールーム

タイプを知る

給湯器と言ってもタイプは複数あります。どのタイプにもメリットが存在していますので、良く考えてからタイプを選び抜くべきです。もしかしたら機器を交換する事もあるかもしれませんので、それを踏まえて選ぶと尚画期的です。

この記事の続きを読む

ユニットバス

部品と修理

給湯器となるとあらゆる部品で構成されている物になりますので、修理の際は部品によって値段が変わると考えていた方がいいかもしれません。現在はコンピュータが内蔵されている物もありますので、注意が必要です。

この記事の続きを読む

給湯器

毎日使うからこそ

毎日使う消耗品という物は、いくら大切にりようしていたとしても劣化していってしまう物です。それは給湯器であっても同じであり、毎日使っていると劣化もそれなりに早くなってしまうのです。壊れて待った時は修理か買い替えどちらかを選択します。

この記事の続きを読む

寿命を知る

温度設定がされておらずお湯が出ない時は給湯器の修理をすることで解決できます。希望があれば即日対応してもらえます。

風呂と扉

数年前に給湯器の発火事故が問題となり最近は給湯器の寿命年数は10年として認知されつつあります。もちろん10年以上使用していても罰せられるなどの処置があるわけではないですが10年以上の使用の場合は生産終了などにより修理などは難しく新品との取り換えを推奨される場合が多いです。10年を超えたら寿命が近いと認識し、給湯器交換の準備をしておく事が賢明といえます。急な故障などの場合は取り換えの給湯器の設置までお湯が使えないという事態が起こりますので寿命を迎えたらどこに連絡をしてどのような手順を踏めばよいのか、費用はどの程度かかるのかを一度検討しましょう。ここで注意をしたいのが特にマンションなどの給湯器設置場所はサイズが限られている場合があるので注意が必要です。

実際には新しい給湯器を取り換える必要がない場合もありますのでまず先に修理を考えましょう。工事費用など膨大な費用を覚悟していても意外と修理代のみで済む場合もあります。しかしやはり給湯器の寿命は10年〜15年とされていますのでほとんどの場合は交換を勧められます。また、10年〜の給湯器に比べると効率も良くなっていますので新しいものに交換する事によって月々の光熱費が安く済むといった事もあります。新しいものを購入する際は安いものに飛びつかずに省エネタイプを選ぶ方が賢明の場合がありますのでこういった点も含めて寿命を迎える前に色んな機種を選んでおく事と、工事費用と本体価格、販売店による値引き率などの準備をしておきましょう。